カンブリア宮殿でブロンコビリーを見たの

EGOのボスが好きなTV番組

カンブリア宮殿。

カンブリア宮殿とは?

毎回経済人をひとりゲストで迎え、

村上龍と小池栄子がその秘密を探る

トーク番組。

今回は、

「ブロンコビリー」会長竹市さん。

ボスに勧められ、早速動画を探し、

観ました。

image

名古屋弁丸出しでいい事言っています。

image

今年行かれたアメリカ研修。

本場アメリカのステーキハウス、バーガーショップを巡り

社員(パート含む)25名を連れて、

かかった予算1250万円…

これは…!!

行ってみたい。

そう思った1時間後。

行ってきました。

image

ブロンコビリー守山店!!

image

守山店には、勤続30年近くのパートの方が

3人いらっしゃるというので。

image

今日はこの方達と…!!

image

早速名前を記入。

ちなみに順番待ちはなかったです。(平日午後1時過ぎ)image

店内はハロウィン仕様にも。

image

店内中央にはお肉の貯蔵庫が…

image

そしてその横には充実のサラダバーが

写真撮り忘れました。。。

いよいよハンバーグ到着!!!

image

炭火で焼いたハンバーグが

ジュ〜といい音をたてております。

子供達も大喜び。

image

ソースをかけるとより、ジュージュー

image

image

俵型のハンバーグを

目の前で切ってくれて、

鉄板の余熱で仕上げる

なので絶妙な焼き加減に

image

ぐっさんも早速頬張らせて頂きます

image

それをはたから見た図。。。

image

よく見ると鉄板にブロンコさんが。

image

こんなに美味しかったんだ…

名古屋発祥のステーキハウスブロンコビリー。

ぐっさんも名古屋で生まれ育ちましたが、

はっきり言って、びっくりドンキーや、ファミレスと

同列のイメージしかありませんでした。

言うまでもなく、完全に別次元。

その味、そのサービス共に、日々磨かれ塗り替えられている

今日の最高が明日の最低

番組内で会長がおっしゃっていました。

ずっと同じ事をやってては、

「味落ちたよね」と思われてしまう。

日々の積み重ねが大事だと。

商品は彼女に送るラブレター

また来てもらえるように日々変わるのが当たり前

実際月に2回ほど、

会長立会いの試食会を、

セントラルキッチンでは行っている。

これだけの知名度、店舗がありながらも。

まだ、そうやって進化する姿勢。

徹底したコスト管理

これも番組内で紹介されていました。

お客様の満足、従業員の満足には、

お金を惜しまない。

それは、肉質や、炭焼き、釜戸ご飯、魚沼産の

お米、

または、先述した社員研修。

徹底的にこだわりお金をかけている。

逆に、それ以外の部分は徹底して無駄を省く。

本部は、使わなくなった店舗に、

会議室みたいな長机と、椅子だけ置いて

そのまま利用したり、

社長室がない

カンブリア宮殿に出てきた数々の社長でも、

社長室がないのはブロンコビリー竹市さんだけだと、

村上龍さんも驚いていました。

牛肉も塊で安く仕入れ、

硬いスジの部分は丁寧に手作業で、

旨味は強いけど硬い部分はハンバーグ用のミンチへ

そういった取り組みが

業界平均3%と言われる利益率が、

飲食業界では異例の15%

を生んでいるんだなあ。

何より教育

創業40年の歴史の中にいくつものピンチがあり、

それを乗り越えた会長の考え。

人を育てる事。

それを社員はもちろん、

パートさん達までその考えが行き渡ってる。

社員の成長は利益と同じだけ大事だと

次のミーティングはブロンコビリーでします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中